世界に#留学で出会う。

#今、10's留学。

あなたは、知っている?
アフリカには、国全体の8割以上の人が1日2ドル(約200円)未満で生活している人がいることを。
中東には、戦争のせいで空爆が起こり住む場所が奪われてしまい、難民になっている人がいることを。
東南アジアには、貧しくて学校に通えない子ども達がかなり多くいることを。
世界には、日本では考えられないようなことやありえないようなことがたくさんあります。
そう、日本のような島の国では隣の国と同じ大陸にあるような国の事情は全くわかりません。
それだけではありません。
日本の教育には、おかしいところがたくさんです。
毎日、数学に青春と時間を奪われたり。
勉強する内容もものすごく難しいものだったり。
しかし、世界には、日本と教育に対する考え方が全く違うような国もあります。
それは、海外旅行をしたから学べるものではありません。
海外で、学び、生活しこそ日本では絶対できない新しい発見があるのです。
それは、留学で実現できます。
そして、いろんなことを学んだり挑戦したりしている今、10'sにこそする価値があります。

次代を担う若者たちのために、
私たちは留学のハードルを下げ続けます。
by ISC留学net

はるにれ塾は、ISC留学netのISC安曇野留学センターです。

#留学したい人と繋がりたい

どんな留学がしたい?
留学といってもいろんな留学のカタチがあります。
ISCには、短期間で海外生活と英語をちょっと学ぶホームステイ、 短期間or長期間で英語をかなり学ぶ語学留学、 海外の高校に進学する高校留学、 海外の大学に進学する大学留学のコースがあります。

#留学への 理念

扉を開けましょう。はるにれの木陰から続く道
学生時代、北海道を旅して、姉崎一馬さんの写真絵本『はるにれ』と出会いました。 見渡す限り草原にひとりそびえ立つ「はるにれ」の大樹。 春風に歌い、夏陽に木陰を添えて、秋は夕焼けに染まり、冬は雪原に燦然ときらめく。
「この木を探しに行こう」って伝説があります。私は行けませんでしたが、あの日からずっと「はるにれ」を育てて来たように思います。
ここ安曇野で「はるにれ」を開いて早15年。若い皆さんと語り合い、生き辛さという途方もない荷物を、わずかながらも分かち合って来れたかと思います。
しかし今、10年先それどころか5年先すら見通せない時代の中で皆さんは、夢や将来を見つけなさいと迫られる一方、旧態依然の授業に追いまくられている。 果たして「はるにれ」は寄り添うだけでいいのだろうか。 そんな中で「留学道」と出会いました。
かつて旅や遍歴は、青春と切っても切れないものでした。 しかし今や、パッケージ化されたレジャーに成り果ててはいないだろうか。 さあ、皆さんの手に取り戻しましょう。 生まれた所を遠く離れて、自分を・世界を見つめよう。 固着した人間関係を一旦停止し生まれ変わってみよう。
中1英語が全く…大丈夫、ゼロから学べる留学もあります。 もちろん時代の先端を垣間見て、自分を鍛え磨く留学もあります。
いつでも「はるにれ」にいらしてください。

#アクセス
#お問い合わせ

ISC安曇野留学センターは、はるにれ塾です。
はるにれ塾へのアクセスと留学のご希望や留学に関するお問い合わせは  こちら 

-ISC安曇野留学センター

長野県北安曇郡松川村板取614番地
JR大糸線 信濃松川駅より 徒歩約20分
(0261)-62-8732

© はるにれ塾